レガスピ × 発見

フィリピン共和国のルソン島南部、ビコール地方アルバイ州にレガスピ市はあります。マヨン山はレガスピ市の北西15kmの平野部に突如としてそびえる成層火山です。標高は2,463m。一帯はマヨン山国立公園に指定されている。レガスピ市より望める富士山のような特徴的なマヨン山は周辺地域のシンボルになっている。

レガスピ市
レガスピ(City of Legazpi、ビコール語: Ciudad nin Legazpi、フィリピン語: Lungsod ng Legazpi)は、フィリピン中部アルバイ州の都市。アルバイ州の州都で、ビコール地方の政治的中心都市である。ルソン島の南部に延びるビコール半島と、周囲の小さい島からなる二つの州・カタンドゥアネス州とマスバテ州との中間に位置し、東へ開いたアルバイ湾の奥にある港湾都市で、周囲の島への港や空港が整備されている。
バランガイ数は70、面積は204.20平方km。

アルバイ州はユネスコ生物圏保護区(エコパーク)に指定されてます。

ユネスコ生物圏保護区は「人間と生物圏計画」に基づいて成立した国際的な指定保護区の名称。日本国内では『ユネスコ・エコパーク』の呼称が用いられている。
1970年に開始された「人間と生物圏計画」は、14の研究分野を対象としている。その中の一つが「自然地域とそこに存在する遺伝物質の保護研究」生物圏保護区は、人間と生物圏との相互間の均衡が取れた関係を明示すると同時に進展させるために創設された。生物圏保護区は複数の生態系を含んでいる必要があり、したがって地上・沿岸部・海洋の生態系の組み合せから構成されている。そして、そこでの生態系や生物多様性を保持することが求められる。
アルバイ州は海洋と沿岸の生態系マングローブ12種、海藻40種、マクロ藻類10種、海草10種。
世界で7種発見されているの海亀のうち5種が生息している。
ユネスコによると、アルバイ州の高い保護値は182の植物種によって構成されていて、そのうちの46はアルバイ州の固有種です。

レガスピ × ダイビング plus+

ダイビングを始めて人生観が変わった人がいる。 人生そのものが、大きく変わった人もいる。大自然とふれあう心地よさと、生き物の不思議を垣間見れる喜びも、仲間との出会いも、『海』が私たちにもたらしてくれたもの。ダイバーになって良かった思えるとき、そして、ダイバーで良かったと幸せを感じるために、基礎をしっかりと学び、練習し、立派なダイバーになり、海からたくさんの贈り物を受け取りましょう。

海を守る × プロジェクト

私たちの海をみんなで守ろう!  パシフックブルーレガスピでは、サンゴの再生、マングローブ再生、アマモ再生の各プロジェクトを、行政とともに行っております。美しい海を復活させ、守ってゆくプロジェクトにぜひご参加ください。

レガスピ × アクティビティ

スキューバダイビング、シュノーケリング、ドルフィンスイム、ジンベエスイム、ATV、トレッキング、ツーリング、ジップライン、スケートボード、ウェイクボーディング、ケービング、フィッシング他、楽しさいっぱい、満足度120%!

レガスピ × 映像

楽しいレガスピを映像にてお届けします、よろしく!.

会社所在地

お問い合せ

パシフィックブルー レガスピ
Pacific Blue Legazpi

Block 7, Puro, Legazpi City, Albay, PHILIPPINES

---------------------------------------
General enquiries: info@legazpi.ph
---------------------------------------

言語 Languages

Japanese

English

French

Chinese

Spanish