ユネスコ エコパーク アルバイ州

ユネスコ エコパーク アルバイ州

アルバイ州がユネスコは生物圏保護区に指定されました。
生物圏保護区(せいぶつけんほごく)は、ユネスコの「人間と生物圏計画」に基づいて成立した国際的な指定保護区の名称。日本国内ではユネスコエコパークの呼称が用いられている。
1970年に開始された「人間と生物圏計画」は、14の研究分野を対象としている。その中の一つが「自然地域とそこに存在する遺伝物質の保護研究」生物圏保護区は、人間と生物圏との相互間の均衡が取れた関係を明示すると同時に進展させるために創設された。生物圏保護区は複数の生態系を含んでいる必要があり、したがって地上・沿岸部・海洋の生態系の組み合せから構成されている。そして、そこでの生態系や生物多様性を保持することが求められる。
アルバイ州は海洋と沿岸の生態系マングローブ12種、海藻40種、マクロ藻類10種、海草10種。
世界で7種発見されているの海亀のうち5種が生息している。
ユネスコによると、アルバイ州の高い保護値は182の植物種によって構成されていて、そのうちの46はアルバイ州の固有種。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *